• 活動日記 in 栃木

    子どもの暴力で苦しむ親からのSOSを受け、栃木県のご自宅を訪問しました。

    約10年間、引きこもり状態にある息子(42才)は、身体に障害を抱える親に対して罵詈雑言を浴びせ日常的な支配を続けている。
    県保健センター、市福祉課、警察も対応に動いたが、本人に門前払いされてしまい会話もできない状態。

    いったい、これまで親子に何があったのか?

    我々が現場に到着した際も近所まで聞こえるほどの大声で親を罵倒していた。
    しかし、驚くほど僕の話を冷静に聞き入れ、すぐに落ち着きを取り戻す。

    彼は、専門学校卒業後、仕事を転々としながらも12年間まじめに働いていた。しかし、これまで「友達や上司、家族とさえも心が通じ合えなかった」と涙ながら心境を語ってくれた。

    学校では「いじめ」、職場では「パワハラ」、親に相談しても「頭ごなしに責め立てられる」。そんな日々のストレスが彼の心をボロボロにしてしまったのだと感じた。

    僕は、いつも思うことがある「誰もが立ち直るきっかけを探している」のだと
    でも、何度も失敗してしまう自分に嫌悪感を抱き、もがき苦しみ、いつしか打開策のない答えにしがみついてしまう。

    「引きこもり状態」も「家庭内暴力」も彼らの「言葉」であり「表現」だと思う。それを受け止め、「何に悩み?何に苦しんでいるのか?」理解することで進展できることもある。

    たくさんの想いを吐き出した彼は、最後にこう言った。

    「俺、廣岡さんのこと知ってるよ!実は、テレビで見ていた。いつか、自分もこんなきっかけが欲しいと思っていたけど現実になっちゃっいましたね(笑) こんな自分でもやり直せますか?」

    また一人、新たな一歩を踏み出しました!