• 訴訟問題についての反論


    関係者各位
    新型コロナウイルスが猛威を振るうなか、皆様におかれましても未曾有の災禍の中、大変なご苦労をされておられることと案じております。本日、弊社に対する集団訴訟という一方的な報道記事が掲載されている件につきまして以下の通りご説明させて頂きます。

    弊社が運営するワンステップスクールは、約5年前から人権派の組織、特定のジャーナリストから「暴力的支援」「引き出し業者」など事実と異なる批判を繰り広げられてきました。そして平成30年に寮生7人が職員に告げることなく施設を出て生活をはじめました。後の調査で外部の人間による「勧誘」や「連れ去り行為」であったとが発覚しました。

    【根拠についての説明】
    7人が施設を出た数日後、保護先と称する施設から一人が自宅へ逃げ帰りました。その方の説明によると、数ヶ月前から外部の組織と綿密に計画され寮内で勧誘活動をしていた。受け入れ先が決まらず何回か予定日が変更され当日は保護先の方がスクールまで車二台で迎えにきてくれた、しかし事前に内容が説明されないまま無料定額宿泊所に連れていかれた。最初は一時的に保護され家に帰してもらえると思っていたが、勝手に印鑑が用意されていて「生活保護の申請」をするように言われ怖くなって逃げたしたと証言。後に保護先から逃げ出し、家に戻った方が続出。その方々も「当初、君たちは人権侵害の被害者であるため「行政機関が保護する」、弁護士が親を説得して「家に帰れる」、進路がなければ「仕事を紹介する」と勧誘され施設を出たが、実際には親との話し合いも進まず、仕事も紹介されなかった、数ヶ月して一緒にワンステップスクールを訴えてお金を取ろうと誘われるようになり、本末転倒だと判断して逃げ出したと証言。【ここまで】

    【報道被害に対する説明】
    連れ去り行為の件につきましても、虐待や生活困窮者を行政が保護した場合、個人を晒すような情報は拡散されません。しかし、予め準備をしていたかのように続々と記者から取材依頼が入りました。こちらは、誠実にかつ丁寧に説明をしましたが、弊社や親達の主張は反映されず、裏付け取材も行われませんでした。記者の一人から、本件については、保護を主導した「精神科医 斉藤環」の依頼できていると発言がありました。後にフリージャーナリストの加藤順子氏から精神的苦痛を被る執拗な取材や偏向報道がなされています。【ここまで】

    当初は、当施設を出られたご本人や家族のプライバシーを守るために偏向報道に対して相手にしないことが上策と判断し、一切の反論をせず無視をしてきました。しかし結果として報道で形成された内容が定着してしまい、長期にわたって風評被害を受けてきました。これまで事実無根な批判、偏向報道で非常に悔しい思いを強いられてきましたが、深刻な問題に悩むご家族や本人を、救いたいという一心だけで活動を続けてきました。今回、新たに特定の組織やジャーナリストは、長期のひきこもりで判断能力が弱っている若者達を囲い込み、集団訴訟というステージに担ぎ上げてきました。実際、こちらには訴状も届いていない状況で報道されていること時点が不可解であります。

    当方の支援が、法律に抵触することないよう弁護士や警察OBの指導のもと日頃より様々な対策を講じています。これ以上、御支持をを頂いている方々、職員、これまでに立ち直られた本人やご家族の方々にご心配を掛けたくないのですし、一番に現在サポートをしている方々を守っていきたい。そのためにも事実を公表し、 「連れ去り」「監禁」など事実無根である主張、偏向報道にたいしては、しっかりと反論し、法的手続きを検討していきたいと考えております。身勝手なお願いで大変恐縮ではございますが、皆様のご理解、ご協力のほど宜しくお願い致します。

    一般社団法人若者教育支援センター
    ワンステップスクール 代表 広岡政幸

9 Comments

  1. 北沢公博 says: 2020年10月25日 at 5:26 PM返信

    廣岡さんの今までの行動を信じています!頑張れ

    • masa says: 2020年10月27日 at 2:04 PM返信

      北沢先生
      ありがとうございます!
      後ろめたいことは一切ないので正々堂々と主張していきます。
      先方の記者は、犯罪者みないな書き方をしてくれるので
      こちらもどんどん情報発信していきます!

  2. 山田壮一 says: 2020年10月25日 at 6:01 PM返信

    驚きました。くだらない連中に負けず正々堂々と対峙してください。微力ながら応援してます。

    • masa says: 2020年10月27日 at 2:08 PM返信

      山田 様
      ご無沙汰しております。
      長年にわたりご支持いただき心より感謝申し上げます。
      このような報道が続くと問題で苦しむ親御さんや家族が委縮してしまい
      助けの声を上げられなくなってしまいます。
      民事訴訟なので長期化すると思いますが、好機だと捉えてこちら側もしっかりと主張していきます。

  3. すし明 says: 2020年10月26日 at 2:56 PM返信

    応援しています。
    頑張ってください!

    • masa says: 2020年10月27日 at 2:11 PM返信

      明さん
      ご無沙汰しております。
      色々とご心配をおかけしてしまい申し訳ございません。
      用意周到に攻撃を仕掛けてくる面倒な連中です。
      先に世論操作を行い、民事訴訟に持っていくありきたりな手法ですが
      こちら側も正々堂々と真実をアピールできる好機と捉えております。
      また、近くお会いできることを楽しみにしています!!

  4. 須藤 智重子 says: 2020年10月26日 at 8:57 PM返信

    6年前くらいに道山先生の講演会で広岡さんの事を知り
    それから広岡さんの活動にとても興味を持ちました

    今時こんなに熱い心の持ち主がいらっしゃるのかと感動しておりました

    いつの時代も前に進もうとすると、必ず足を引っ張る人間が出てきます

    本当に悲しいです

    私の息子達もあと3年したら
    社会に出る予定です

    今は影ながら応援する事しか出来ませんが
    子育てが終わったら、私も何かしらの支援をしたいと考えておりました

    心ない人達に負けないで立ち向かっている広岡さん

    どうぞお身体に気をつけて
    頑張ってください

    寄附金などもし受付ていらっしゃるようでしたら、少額ですが支援させてくださいませ

    • masa says: 2020年10月27日 at 2:18 PM返信

      須藤 様

      この度は、ご支援を頂いている皆様にご心配と不快な思いをさせてしまい申し訳ございませんでした。
      「不登校」や「ひきこもり」などの問題は、第三者が介入しにくく、かつ長期複雑化しやすい。
      その根底には、「見守りましょう」「待ちましょう」と他人事に処理をしてきた支援者が多いからです。
      私は、いつも「誰でも変わることができる」と信じて現場主義で頑張ってきました。
      理想主義の方々に攻撃されていますが、世論は正しく判断してくれると信じています。

      心強いお言葉を頂き、元気100倍です!!ありがとうございます!

  5. エミリ says: 2020年10月28日 at 8:19 PM返信

    ご無沙汰してます。

    以前からこの件に関し案じて居ましたが
    こんなに許し難いことをされていたなんて……

    私は廣岡さんに直接お会いしたことは有りませんが、廣岡さんのお言葉で何度救われたか。。。

    廣岡さんは真剣に紳士にお仕事をこなされてる方なのに、なんの趣旨があってこんな事をするヤカラが出てくるのでしょう。不思議でなりません。
    お遊びではありませんよ と言いたいです。

    私はどんな時でも、応援しています。
    家庭内の事情は複雑で、声を出しにくいの環境の中で、身を盾にして働いてくださる方々を私はリスペクトしています。

    廣岡さん、負けないで!

コメントをどうぞ