• 報道各社への説明文


    報道関係者の皆様へ
    弊社に対する集団訴訟が提起されるとの原告側だけの主張が掲載された2020年10月20日付けの偏向記事が配信されたことは把握しております。

    現段階では訴状が届いていないため原告側の主張の詳細は明らかではありませんが、ご本人の同意なく弊社の施設に同行してもらうことはありませんので全面的に訴訟の内容を争う予定です。

    当該記事を執筆した記者から、当社に対して問い合わせがありましたが、それは、突然メールを1通送り、一方的に期限を設定したものであり、しかも、原告側の主張があたかも真実であることを前提とし、質問内容も漠然としたものでした。そこで、当社は、代理人弁護士を通じて、記者に対し、質問内容を具体化するよう求めましたが、記者からこれに対する回答はなく、逆に、追加の質問を含め1時間後までに回答を求める旨のメールが送られてきました。そこで、当社は、記者に対し、誠意をもって正確にご回答するために、質問事項を具体化するよう改めて求めましたが、記者からこれに対する回答がないまま、偏向記事が配信されました。ひきこもりの背景事情は、個々に異なりますし、しかも、非常に複雑です。

    報道にあたりましては、原告側の主張を一方的に取り上げるのではなく、入寮の経緯やご家族の思い、施設における生活状況などにつきご家族や施設側の意見も丁寧に聞き取り、それぞれの意見の裏取りを丹念に取材した公平中立な報道をお願いしたいと存じます。

    近年、ひきこもりに関連した痛ましい事件が発生し、社会問題として論じられています。その裏側には、何年も問題が解決せず、経済的にも精神的にも限界を感じている家族が多く存在します。弊社としましては、引きこもり問題で悩み苦しむ家族が偏向報道で委縮してしまい助けの声を上げられない状況にならないよう願うばかりです。

    一般社団法人若者教育支援センター
    ワンステップスクール 代表 広岡政幸

  • 訴訟問題についての反論


    関係者各位
    新型コロナウイルスが猛威を振るうなか、皆様におかれましても未曾有の災禍の中、大変なご苦労をされておられることと案じております。本日、弊社に対する集団訴訟という一方的な報道記事が掲載されている件につきまして以下の通りご説明させて頂きます。

    弊社が運営するワンステップスクールは、約5年前から人権派の組織、特定のジャーナリストから「暴力的支援」「引き出し業者」など事実と異なる批判を繰り広げられてきました。そして平成30年に寮生7人が職員に告げることなく施設を出て生活をはじめました。後の調査で外部の人間による「勧誘」や「連れ去り行為」であったとが発覚しました。

    【根拠についての説明】
    7人が施設を出た数日後、保護先と称する施設から一人が自宅へ逃げ帰りました。その方の説明によると、数ヶ月前から外部の組織と綿密に計画され寮内で勧誘活動をしていた。受け入れ先が決まらず何回か予定日が変更され当日は保護先の方がスクールまで車二台で迎えにきてくれた、しかし事前に内容が説明されないまま無料定額宿泊所に連れていかれた。最初は一時的に保護され家に帰してもらえると思っていたが、勝手に印鑑が用意されていて「生活保護の申請」をするように言われ怖くなって逃げたしたと証言。後に保護先から逃げ出し、家に戻った方が続出。その方々も「当初、君たちは人権侵害の被害者であるため「行政機関が保護する」、弁護士が親を説得して「家に帰れる」、進路がなければ「仕事を紹介する」と勧誘され施設を出たが、実際には親との話し合いも進まず、仕事も紹介されなかった、数ヶ月して一緒にワンステップスクールを訴えてお金を取ろうと誘われるようになり、本末転倒だと判断して逃げ出したと証言。【ここまで】

    【報道被害に対する説明】
    連れ去り行為の件につきましても、虐待や生活困窮者を行政が保護した場合、個人を晒すような情報は拡散されません。しかし、予め準備をしていたかのように続々と記者から取材依頼が入りました。こちらは、誠実にかつ丁寧に説明をしましたが、弊社や親達の主張は反映されず、裏付け取材も行われませんでした。記者の一人から、本件については、保護を主導した「精神科医 斉藤環」の依頼できていると発言がありました。後にフリージャーナリストの加藤順子氏から精神的苦痛を被る執拗な取材や偏向報道がなされています。【ここまで】

    当初は、当施設を出られたご本人や家族のプライバシーを守るために偏向報道に対して相手にしないことが上策と判断し、一切の反論をせず無視をしてきました。しかし結果として報道で形成された内容が定着してしまい、長期にわたって風評被害を受けてきました。これまで事実無根な批判、偏向報道で非常に悔しい思いを強いられてきましたが、深刻な問題に悩むご家族や本人を、救いたいという一心だけで活動を続けてきました。今回、新たに特定の組織やジャーナリストは、長期のひきこもりで判断能力が弱っている若者達を囲い込み、集団訴訟というステージに担ぎ上げてきました。実際、こちらには訴状も届いていない状況で報道されていること時点が不可解であります。

    当方の支援が、法律に抵触することないよう弁護士や警察OBの指導のもと日頃より様々な対策を講じています。これ以上、御支持をを頂いている方々、職員、これまでに立ち直られた本人やご家族の方々にご心配を掛けたくないのですし、一番に現在サポートをしている方々を守っていきたい。そのためにも事実を公表し、 「連れ去り」「監禁」など事実無根である主張、偏向報道にたいしては、しっかりと反論し、法的手続きを検討していきたいと考えております。身勝手なお願いで大変恐縮ではございますが、皆様のご理解、ご協力のほど宜しくお願い致します。

    一般社団法人若者教育支援センター
    ワンステップスクール 代表 広岡政幸

  • みんなで楽しく!農業活動!


    若者教育支援センターでは、寮生たちと一緒にたくさんの野菜を栽培しております!






    自然と接し、土に触れることが一番こころが安らぎます!子どもから大人までみんな楽しく活動に参加しています!!

  • 【告知】コロナウイルス拡大防止対策


    新型コロナウイルス感染拡大防止対策および緊急事態宣言を受け下記の期間、東京本社ならびに品川カウンセリングルームは臨時休業とし、ワンステップスクール各校での保護者面談、学校見学を中止いたします。




    【臨時休業期間】2020年4月8日~当面の間




    一般社団法人若者教育支援センターは、ご相談者や生徒の安全を第一に考え臨時休業の対応を取らせて頂きます。

    尚、寄宿型スクールにおきましては生徒、支援スタッフへの感染防止のため外部からの立ち入りをお断りしております。定期面談、緊急のご相談に関しましてはオンラインにて対応しておりますのでお気軽にお申し付けください。皆様のご理解、協力のほど宜しくお願いいたします。




    一般社団法人若者教育支援センター

    代表理事 廣岡 政幸




  • 横浜校・月例の食事会


    日々、目まぐるしく成長する子ども達!今年も多くの生徒が大学や専門学校に進学しました。
    ワンステップにて代々木高校に入学、在籍期間中に就労で200万円を貯め、進学費用を自分で払った生徒もいます!
    チーム横浜「就労先・デイサービスにじいろ」は、本当に優秀です

  • 活動日記 in 沖縄


    【活動日記】

    『父親を殺したい』

    でも幼い弟がいるからできません。
    だから私が死にたいと考えています

    昨年末、ある少女から悲痛な想いがつづられたメールが届き、事実確認のため沖縄に急行した。

    あらゆるケースを想定し、地元で活動する武藤杜夫先生に同行を依頼。

    <少女の訴え>

    幼い頃に両親が離婚。父に引き取られ虐待が始まった。その影響で精神障害、自傷行為を引き起こす。父が再婚、義母からも阻害され、次第に食事を提供されなくなる。現在は、アルバイトをして生活費を稼いでいる。

    父親は、毎日酒をのみ「ゴミ」「消えろ」と罵声を浴びせてくる。無視をしても激しい暴力を受けるため逃げ場がない状況。

    <対応>

    残酷で怒りが込み上げてきたが、一刻も早く少女を保護しなければならない。しかし、本人は報復を恐れて決断ができない。

    警察や児童相談所に通報することもできるが下手に動いてしまうと少女の身に危険が及んでしまう可能性がある。

    少女は言った「今は我慢するしかない、だから廣岡さんが話を聞いてくれるだけで救われる」と…

    「助けて」と言えない…

    それが親から虐待を受けている子ども達の本音なのです。

    今、我が国は1年間で約84人の子どもたちが心中または虐待で命をなくしている。昨年、世間を驚愕させた「目黒女児虐待死」もそのひとつ。

    私たちは、いったい何ができるのでしょうか?

    子ども達の変化に気づき、しっかりと話を聴ける「大人」がどれくらいいるでしょうか?

    本当に苦しんでいる人は、相談もできない。学校や児童相談所も「困ったら、いつでも相談して」ではダメだと思う。事件に発展するに前に気づき、手を差しのべ、守ってあげないといけない。

    「しつけ」や「愛情」という理由であっても体罰は絶対に容認してはならない。それを我々がしっかりと線引きできない限り、虐待を防ぐことはできないと思う。

    武藤先生の献身的なケアにより数日後、少女は自らの意思で保護を求めてきた。現在は、安全な場所で暮らすことができている。

  • 今年の仕事はじめ!



    今年の仕事はじめは大掃除からスタート!

    私どもの仕事は、365日、24時間フル稼働のため全社員が集まることはできませんが、恒例の明治神宮参拝も終え、清々しく業務を開始することができました。

    皆さまは、どのような一年にしたいですか?

    僕は、これまで以上に『仲間を大切』できる年にしたいと考えています。身近な人ほど目配り、気配り、心配りを怠らないように致します!

    そして皆様とお会いできることも楽しみにしてます‼

    皆さまにとって素敵な一年になりますよう心よりお祈りいたします♪

  • 【出演情報】 全力!脱力タイムズ

    本日、23時よりフジテレビ系列「脱力タイムズ」に出演します!
    脱力タイムズ いとうあさこ 廣岡政幸 フジテレビ 引きこもり
    久しぶりに楽しい時間をすごしました!
    大野拓朗 脱力タイムズ 廣岡政幸 ひきこもり フジテレビ
    それにしても大野拓朗くん顔が小さすぎだよ!!
    小澤陽子 脱力タイムズ 女子アナ 廣岡政幸 引きこもり
    こんな番組出て大丈夫かよ~!って心配されると思いますが‥‥
    我々の業界は、深刻な問題を扱っているため日頃から閉鎖的になりやすく、世間の認知も広がりません。。だからこそ、違う一面も見て頂き、より多くの人に親近感を持ってもらえたら嬉しいですね!まっ、プライベート活動なので‥‥お決まりの人権派団体による批判は完全無視ですが👍

  • 9月15日【満員御礼】御殿場市 講演会


    夜の忙しい時間帯のなか若林市長をはじめ多くの方々にご参加を頂きました。本当に感謝感激です!!
    廣岡政幸 講演会 引きこもり支援 自立支援 大人気 特別講義
    御殿場市では、引きこもり等の人や家族のための就労相談窓口を平成31年1月から開設する予定です。

  • 【イベント告知】特別講演会 in 御殿場市

    御殿場市 講演会 教育会議 廣岡政幸 ノースゲイト イベント
    明日は、御殿場市にて講演会を行います!お近くの方はぜひお立ち寄りください!告知遅くてごめんなさい!!